個人美容室経営でリピート率を上げる方法【カウンセリング】

経営について

個人美容室経営でリピート率を上げる方法を知りたい方へ

現在個人美容室経営者、または美容師さんでリピート率を上げる方法を知りたいと考えてませんか?

本記事では、下記の内容を解説します。

■もくじ

1.リピート率を上げるカウンセリングの方法

2.リピート率を上げるカウンセリングで気をつけること

この記事を書いている僕は

  • 個人美容室経営歴5年
  • リピート率ほぼ100%

■リピート率を上げるカウンセリングの方法

悩みを全て丁寧に聞く

当たり前のことですが、時間をかけ、丁寧にお客様の悩みを聞き出します。

お客様は悩みがあって美容室に来店されます。

お客様が本当に求めているものを共有するためにカウンセリングがあります。

まずは徹底して「聞く」

美容師は答えやすい質問を投げかけます。

最初はお客様の話に集中して耳をかたむけます。

悩み・要望を聞いた後に初めて提案ができます。

まずはお客様自身が悩みに気づくことが大切です。

過去を聞く

過去を聞くことで現在の状況がわかります。

「前回はどうでしたか?」

なかなか勇気のいる質問ですが聞くことで現在の状況が明らかになります。

良かったとこ、やりにくかったとこを聞くことで更に悩みが解決できます。

新規の方には前回行かれたのサロンについて聞きます。

30分〜1時間

時間をかけて丁寧にお話を聞いていきます。

過去の失敗・嫌だったこと、現在の悩み、これからどうなりたいかを全て時間をかけて聞きます。

この情報をもとに、今やるべきこと・これからやっていくことを明確にすることでリピートに繋がっていきます。

■リピート率を上げるカウンセリングの気をつけること

デザインより再現性

大切なのはお客様が自宅に帰ってから美容室と同じ仕上がりになるかです。

そのためにはお客様の生活スタイルにあったヘアスタイルの提案が求められます。

乾かすだけでを前提に提案する方が成功率・満足度は高まります。

売りつけない

メニュー・商品を売りつけてはいけません。

お客様自身が自分の悩みに気づき、お客様自身で商品・メニューを選んでもらいます。

美容師はプロとしてお教えする立場が大切です。

経営について
Yuji

福岡天神のヘアサロンを経て単身渡米。約3年に渡りNY、SFでヘアスタイリストとして活動。雑誌、ニューヨーク・ファッション・ウィーク【NYFW】でのヘアメイクなどに参加。またNYにてニューヨークドライカットの権威、EIJI氏に直接指導を受ける。日本に帰国後は大阪、東京などの複数の講習会に参加しつつ、博多都ホテル美容室にてニューヨークドライカットを行いながら本物のカットの価値を体感してもらおうと活動を続ける。
2016年、WHAT COMES AROUND…を立ち上げ、質の高い心のこもったサービス、
こだわり抜いたプロダクト中心に、福岡では数少ない技術の高いドライカットが出来る店として話題を集め、2018年博多駅前へ拡張移転。現在は美容師一人でも独立して強みを持つ経営論などでセミナー依頼を受け付けている。

Yujiをフォローする
Yujiをフォローする
IwahashiYujiのブログ

コメント