個人美容室経営【失客を防ぐ方法①】

経営について

おはようございます!

今回は失客を防止する具体的な方法を解説します。この方法があれば「またあのお客様来てくれるかな」と心配する必要がなくなるかもしれません。

失客の原因についてはこちら↓

失客を防ぐにはお客様の来店回数に応じた対策が必要になります。大きく分けて2つに分類して対策します。

  • 初回〜4回目までの来店のお客様
  • 4回目以降の来店のお客様

この2つに分類して失客防止をアプローチすることができればリピートに繋がりやすくなりますので解説していきます。

初回〜4回目までの来店のお客様へのアプローチ

初回〜4回目までの来店のお客様にリピートしてもらえる仕組み作りが重要です。

美容室の平均の新規再来率は30%程度です。100人来店しても30人程度しか再来しません。さらに3回目来店する方は2割なので6人程度です。

100人来店して90人近く失客してるのが美容室の平均データになります(もったいない!)

なんとか4回目まで新規のお客様の来店を促すことができれば再来率は飛躍的に大きくなります。

そこでご新規の方に対してのリピートの仕組み作りが重要になります。例えば

  • 次回予約特典
  • 4回目まで来店回数ごとに特典
  • 回数券

などです。

特典としては割引、シャンプーのミニボトルプレゼント、ヘッドスパ割引などを準備してお客様ごとに提案を変えてます。

以前は初回から1ヶ月以内は前髪カット、ヘッドスパを無料をしたことがありますが効果はありました。80%近くは再来されましたがこちらの時間が取れなくなってやめました。アシスタントがいる美容室では赤字覚悟ですが再来率は上がるのでオススメです。

このように初回〜4回目まで来店したくなる仕組みを作ることにより失客を減らすことができます。何もしないと90%もお客様を失いますが仕組みを作ることで改善されます。

4回目以降については次回の記事で書きますね!

経営について
Yuji

福岡天神のヘアサロンを経て単身渡米。約3年に渡りNY、SFでヘアスタイリストとして活動。雑誌、ニューヨーク・ファッション・ウィーク【NYFW】でのヘアメイクなどに参加。またNYにてニューヨークドライカットの権威、EIJI氏に直接指導を受ける。日本に帰国後は大阪、東京などの複数の講習会に参加しつつ、博多都ホテル美容室にてニューヨークドライカットを行いながら本物のカットの価値を体感してもらおうと活動を続ける。
2016年、WHAT COMES AROUND…を立ち上げ、質の高い心のこもったサービス、
こだわり抜いたプロダクト中心に、福岡では数少ない技術の高いドライカットが出来る店として話題を集め、2018年博多駅前へ拡張移転。現在は美容師一人でも独立して強みを持つ経営論などでセミナー依頼を受け付けている。

Yujiをフォローする
Yujiをフォローする
IwahashiYujiのブログ

コメント