個人美容室経営【店舗デザインは〇〇をいれるべき】

大事にしてること

おはようございます!

美容室を開業する際の楽しみとして店舗デザインがあります。

僕は一度移転をしてるので2回経験してます!

「自分の城」ということで色々やりたいこと、こだわりが出てきますよね!

僕は2回とも、やりたいことを全て出して見積もりを作ってもらったら、完全に予算オーバーだったのでやりたいことを妥協する作業が必要でした…

個人美容室を5年やってきて店舗デザインの抑えるべきことが3つあるとわかったので解説します。

■店舗デザインで大事な3つのこと

  1. テーマはナチュラル
  2. 女性が好むデザイン
  3. 自分の好きな物を一つ置く

この記事を書いている僕は

  • 個人美容室経営歴5年
  • リピート率ほぼ100%

テーマはナチュラル

お客様目線で考えるとナチュラルデザインがいいと思います。

シンプルでごちゃごちゃしてない空間です。

アンティーク風、リゾート風などはお金の面でも大変です。

デザインよりも明るい、きれい、過ごしやすいなどの「清潔感」が大切です。

女性が好むデザイン

ターゲットの顧客に合わせた店舗作りが大切です。

僕の場合は女性ですが、男性向けなら男性が好むデザインがいいです。

この時におすすめなのが店舗デザイナーをターゲットに近い人にすることです。

やはり男性の僕が選ばないような色使いや、シンプルだけどどこか可愛いポイントを作ってくれます。

女性のお客様にとって居心地が良い空間にするには女性の力を借りることをオススメします!

自分の好きなものを一つ置く

シンプルでナチュラルな中にもオーナーさんのこだわりを一つは入れることをオススメします。

たくさん置きたいでしょうができれば少なめに..笑

例えば好きな絵を置くや、好きな物を置く、好きな家具を置くなど

何かオーナーさんのこだわりのストーリーが詰まったものがいいと思います。

ナチュラルな中にあるとより際立ち、お客様も気になって聞いてみたくなります。

そこに共感したり興味を持ってもらうことでよりファンになってもらいやすいです。

■まとめ

店舗デザインの際、お金も気をつけてください。

店舗デザインにこだわればこだわるほどお金もかかってきます。

内装にお金をかけるより、技術習得・機材にかけた方がお金を生み出してくれます!

ぜひ店舗デザインの時は参考にしてみませんか?

大事にしてること
Yuji

福岡天神のヘアサロンを経て単身渡米。約3年に渡りNY、SFでヘアスタイリストとして活動。雑誌、ニューヨーク・ファッション・ウィーク【NYFW】でのヘアメイクなどに参加。またNYにてニューヨークドライカットの権威、EIJI氏に直接指導を受ける。日本に帰国後は大阪、東京などの複数の講習会に参加しつつ、博多都ホテル美容室にてニューヨークドライカットを行いながら本物のカットの価値を体感してもらおうと活動を続ける。
2016年、WHAT COMES AROUND…を立ち上げ、質の高い心のこもったサービス、
こだわり抜いたプロダクト中心に、福岡では数少ない技術の高いドライカットが出来る店として話題を集め、2018年博多駅前へ拡張移転。現在は美容師一人でも独立して強みを持つ経営論などでセミナー依頼を受け付けている。

Yujiをフォローする
Yujiをフォローする
IwahashiYujiのブログ

コメント